女性用育毛剤

男性用と女性用の育毛剤の違い

男性用と女性用の育毛剤の違いは何?

ドラッグストアや通販では様々なタイプの育毛剤が登場しており、「男性用」「女性用」「男女兼用」と3つに大きく分けられます。

女性が男性用の育毛剤を使っても副作用のリスクが増すわけではありませんし、自分の好きな製品を使って抜け毛や薄毛への対策を行っていくべきです。

しかし、女性と男性とでは下記のように薄毛のメカニズムに違いが生じており、育毛剤もそれに合わせた成分が含まれているので男性は「男性用育毛剤」、女性は「女性用育毛剤」を使った方が良いかもしれません。

<PR>

男性⇒頭頂部や前頭部に活性型男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が発生して髪の毛の成長が妨げられる
女性⇒毛髪の寿命や成長期を延ばす女性ホルモンのエストロゲンの低下や、頭皮の血行不良による栄養不足

男性の場合も頭皮の血行不良によって栄養素が酸素が行き渡りにくくなって抜け毛や薄毛に進行するケースはあるものの、最も大きな原因はDHT(ジヒドロテストステロン)です。

その点、女性はエストロゲンの低下や血行不良、無理なダイエットによる栄養不足が考えられ、女性用育毛剤にはその改善のための成分がバランス良く含まれています。

男性用育毛剤の中にはノコギリヤシやオウゴンエキスなど男性ホルモンを抑制する成分が含まれており、元々体内での男性ホルモンの量が少ない女性には意味がないのです。

確かに、「男性ホルモンのテストステロン」⇒「酵素の5αリダクターゼと結合」⇒「DHT(ジヒドロテストステロン)が産生される」という流れで男性の体内では脱毛因子が生成され、ノコギリヤシやオウゴンエキスは5αリダクターゼを阻害してくれるのでAGA対策として適しています。

一方で、女性の抜け毛や薄毛に関しては血行不良を改善したり栄養分を与えたりというヘアケアの方が大事なので、当サイトでご紹介しているマイナチュレを使ってみましょう。

女性が使用することを考えて作られた無添加の育毛剤なので、抜け毛や薄毛の悩みを抱え始めた方は一度マイナチュレを試してみてください。

>>マイナチュレの詳細はこちらから<<

さて、男性用育毛剤を女性が使用しても、そこまで大きな効果を得られないと上記では説明しました。

それに加えて、男性用の製品にはメントールやカプサイシンといった刺激的な成分が多く、女性が使用すると頭皮の赤みやかぶれといった炎症を起こすかもしれません。

乾燥肌や敏感肌の方は特に肌トラブルを起こしやすく、当然のように頭皮や髪の毛には悪影響が加わります。

個人輸入代行業者で販売されているミノキシジルが含まれた育毛剤にも注意が必要で、医薬品成分なので副作用のリスクが高いのです。

ジェンヘアーやポラリスといった男性用育毛剤にはミノキシジルが16%の濃度で含まれており、男性が使ってもかぶれやかゆみを引き起こすことがあります。

そんな製品を女性が使うのは危険性が高いのは何となくお分かり頂けるはずなので、女性用育毛剤を使って念入りなヘアケアを行いましょう。

もちろん、男女兼用の育毛剤ならば刺激は抑えられているため、必要に応じて毎日の生活の中に取り入れてみてください。

<PR>
女性育毛剤の基礎知識