女性用育毛剤

産後に女性用育毛剤を使える?

産後に女性用育毛剤を使えるの?

産後の授乳期間中に女性用育毛剤を使って抜け毛や薄毛への対策ができるのか気になっている方はいます。

・産後に育毛剤を塗布すると肌トラブルが引き起こされるのではないか?
・母乳育児だから赤ちゃんに良くない影響が生じるのではないか?
・産後の抜け毛が酷いけど授乳期間が過ぎるまで育毛剤は使わない方が良いのか?

このような悩みを抱えている女性は多いものの、結論から言うと製品選びを間違えなければ産後でも育毛剤の使用は可能です。

<PR>

頭皮や髪の毛のケアとして外部からアプローチするのは効果的で、この点に関してはどの年代の女性にも該当します。

しかし、産後はホルモンバランスが安定しておらず、些細な刺激で肌トラブルが引き起こされやすくなっているので下記のような女性用育毛剤を使用しましょう。

・薬効成分ではなく自然の原材料が使われている
・余計な添加物が含まれておらず無添加の製品
・産後の使用の正式な認可が得られている製品

このような点に気を配って女性用育毛剤を選んでいれば、安全に抜け毛や薄毛への対策ができます。

とある調べによると、経産婦の約7割の女性が産後脱毛症や分娩後脱毛症による抜け毛で悩まされているというデータが出ていました。

あくまでも一時的なホルモンバランスの変化による抜け毛なので、特別な治療を受けなくても約66%の女性は授乳期間を経て正常な状態へと戻っていきます。

それでも、産後の抜け毛が長引けば薄毛が進行して美容に大ダメージを与えるので、当サイトでご紹介している無添加のマイナチュレがおすすめです。

女性の肌質を考慮して作られた育毛剤となっており、公式サイトでは産後でも安心して使えると表記されていました。

毛包へと直接働きかけることに成功していて、従来の頭皮環境を改善するだけの女性用育毛剤とは異なるので、産後の抜け毛で悩んでいる女性は一度マイナチュレを使ってみてください。

>>マイナチュレの詳細はこちらから<<

産後の抜け毛や薄毛の原因は何?

産後の抜け毛や薄毛の症状で悩んでいる女性は多く、育毛剤を使ってヘアケアを行う人は増えました。

この大きな原因はホルモンバランスの乱れで、下記のような流れで体内の女性ホルモンが変化して頭皮や髪の毛へと悪影響が加わります。

①妊娠して女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの両方が増える
②出産のタイミングによって女性ホルモンが減少する
③頭皮のバリア機能が低下して水分を維持できなくなる
④頭皮が乾燥状態になって髪の毛の成長に悪影響が生じる
⑤同時に女性ホルモンの影響で成長期に至っていた毛髪が産後に休止期に入る
⑥休止期に至った髪の毛が一気に抜け落ちるので抜け毛の量が増えたと錯覚する

上記のようなメカニズムとなっており、産後の抜け毛は長期間に渡って続くわけではなくホルモンバランスが安定する1年後には正常な状態へと戻ります。

抜け毛の量が増えているのは間違いありませんが、休止期の毛髪が一度に抜け落ちているだけですし、内部では毛乳頭で新しい髪の毛を生やす準備をしているので薄毛が進行しているわけではないのです。

しかし、女性によっては薄毛のまま元の状態に戻らず、皮膚科や婦人科で診察を受けても改善されないというケースは少なくありません。

それに、ホルモンバランス以外にも以下のような原因で産後に抜け毛の症状が悪化しやすくなります。

・母乳育児をしていると本来は髪の毛に回るはずだった栄養素が失われる
・慣れない子育てによって精神的なストレスが溜まって血行不良に陥る
・赤ちゃんが中心の生活サイクルを送ることで睡眠不足に陥る

このように様々な要因で頭皮や髪の毛に悪影響が加わりやすいので、女性用育毛剤を使って対処するだけではなく内側からのアプローチも同時に行うべきです。

特に、毎日の食生活での栄養補給は大事ですし、バランス良く摂取して母乳の質を上げることで赤ちゃんもスクスクと育つので、下記のような栄養素を取り入れましょう。

タンパク質:肉類や乳製品に含まれる動物性と豆類に含まれる植物性の両方を取り入れる
カルシウム:小魚やチーズに含まれており、毛髪にツヤとコシを与え、ストレスの緩和にも繋がる
ビタミンB群:レバーや大豆製品に含まれており、髪の毛の主成分となるケラチンの合成に必要
亜鉛:牡蠣の中に含まれているミネラル分の亜鉛は健康的な髪の毛を育てるサポートをしてくれる

産後の生活指導に関しては産婦人科でアドバイスしてくれるので、健康と美容のためにも専門医の指示に従って対処してみてください。

<PR>
女性育毛剤の基礎知識