女性用育毛剤

妊娠中に女性用育毛剤を使える?

妊娠中に女性用育毛剤を使っても良いの?

「妊娠中に女性用育毛剤を使ってヘアケアを行っても良いのだろうか?」という疑問を抱えている方はいます。

確かに、妊娠中の女性は抜け毛や薄毛といった症状で悩まされやすく、高齢出産の女性だけではなく10代後半や20代前半の人にも該当するのです。

なぜ妊娠中に髪の毛のトラブルが引き起こされやすいのか下記ではご説明しているので一度チェックしておきましょう。

<PR>

・髪の毛に必要な栄養素が赤ちゃんに行き渡るので成長が滞る
・プロゲステロンの増量に伴うホルモンバランスの乱れで毛髪に悪影響が加わる
・つわりによる食欲不振で食べ物を食べられず、髪の毛の栄養不足に繋がる

ホルモンバランスが乱れたり赤ちゃんに栄養がとられたりしているのは一時的な現象なので、妊娠中の期間が過ぎれば毛髪は元の状態に戻っていきます。

しかし、個人の体質によっては想像を絶するほどの抜け毛で悩まされることがあり、「女性用育毛剤を使って対策したい」と考えるのです。

結論から言うと、女性用育毛剤は内服薬ではなく皮膚へと塗布するだけなので、赤ちゃんや母体に大きな悪影響は加わりません。

通常は数ヶ月間が経過すれば妊娠中の抜け毛の症状は緩和されていくものの、元気で活発な毛髪を維持するために女性用育毛剤を使用するのは選択肢の一つとなっています。

頭皮の血行を促す成分や炎症を抑える成分がバランス良く含まれており、継続的な使用で頭皮環境を整えられるはずです。

ただし、女性用育毛剤ならば何でも良いわけではなく、妊娠中の女性が使用する場合は余計な添加物を含まない製品を選びましょう。

・アルコール
・鉱物油
・合成保存料
・パラベン
・着色料
・石油系界面活性剤

上記の添加物は自然界には存在しない人間が作り出した化学物質ですし、自分の髪の毛よりもお腹の赤ちゃんのことを一番に考えなければなりません。

皮膚から成分が体内へと吸収される恐れもあるため、無添加やオーガニックの身体に優しい女性用育毛剤を妊娠中に使わなければならない理由はお分かり頂けるはずです。

そこで、11種類の添加物を排除した無添加のマイナチュレがおすすめで、公式ホームページでも妊娠中や授乳中に使用できると表記されていました。

もちろん、念のためにかかりつけの医師へと相談した方が良いかもしれませんが、母体や赤ちゃんに悪影響が生じることはないのでマイナチュレでヘアケアを行ってみてください。

>>マイナチュレの詳細はこちらから<<

妊娠中に使ってはいけない女性用育毛剤はあるの?

上記では、添加物が含まれた女性用育毛剤は妊娠中に使わない方が良いと記載しました。

他にも、ミノキシジルやフィナステリドが入った育毛剤はNGで、妊娠中の使用に関して安全性が確立されていません。

ミノキシジル⇒男性用の育毛剤に含まれていることの多い成分で血管拡張作用が得られる
フィナステリド⇒AGAを治療するプロペシアに含まれている成分で脱毛因子のDHTを阻害する

育毛剤のロゲインや飲む育毛剤のプロペシアには上記の成分が含まれており、妊娠中の女性が摂取することで赤ちゃんの生殖器に異常が出る恐れがあります。

ミノキシジルならばまだしもフィナステリドは危険性が高く、妊娠中だけではなく全ての女性が摂取したり錠剤と触れたりするのが禁じられているのです。

通販で取り扱っている女性用育毛剤ならば問題はありませんが、海外の製品の中には含まれている可能性があるので妊娠中は絶対に避けましょう。

以下では、妊娠中の女性が育毛剤を使ってヘアケア対策を行うに当たって事前に心得ておくべきポイントをまとめてみました。

・無添加で植物の天然成分が含まれた製品を使う
・自然由来の原材料が使われている製品を選ぶ
・ミノキシジルやフィナステリドを含む製品を避ける
・1回の使用量や回数をきちんと守る
・自己判断せずにかかりつけの医師に相談する

このような点に気を配っていれば、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えることなく妊娠中の抜け毛や薄毛を対策できます。

しかし、外側からのスキンケアだけに着目するのではなく、以下のように毎日の生活習慣に気を配るのも大事です。

・バランスの取れた食生活を送って様々な栄養素を摂取する
・ホルモンバランスを整える食材を積極的に取り入れる
・毎日十分な睡眠をとってストレスを溜め込まないようにする
・刺激の強いシャンプーやヘアカラーなど頭皮へとダメージを与えないようにする

抜け毛や薄毛へのケアだけではなく、妊娠中に健康体を維持するためにも重要なので今一度自分の生活を見直してみてください。

<PR>
女性育毛剤の基礎知識