女性用育毛剤

海外の女性用育毛剤を個人輸入できる?

海外の女性用育毛剤を個人輸入できるの?

「日本で販売されている女性用育毛剤はあまり効果がないから個人輸入で海外の製品を購入したい」と考えている方はいます。

確かに、近年では海外で販売されている医薬品や化粧品を個人輸入で簡単に入手できるようになりました。

<PR>

Amazonや楽天市場で商品を購入するような形で個人輸入は利用でき、インターネット上で注文するだけで欲しい育毛剤が自宅へと届きます。

実際に、どのような女性用育毛剤が海外では人気を得ているのか見ていきましょう。

女性用ロゲイン:血管拡張作用のあるミノキシジルが含有された女性用のロゲイン
パントガール:女性用の飲む育毛剤でL-システインやD-パントテン酸カルシウムといった有効成分がバランス良く配合されている
Equate:有名な育毛剤のロゲインのジェネリックで、先発医薬品よりもコストパフォーマンスが良い
ビタブリッドC:韓国で人気を得ている製品で、ビタミンCと亜鉛が主成分の安全性の高い育毛剤
スペクトラルUHP:ロゲインと同じようにミノキシジルが含まれており、濃度は2%なので刺激は少ない

個人輸入で取り扱っている女性用育毛剤の中にはミノキシジルが含まれていることが多く、頭皮の血流を促して酸素や栄養素を効率良く行き渡らせるサポートをしてくれます。

オオサカ堂やアイドラッグストア、くすりの宅配便といった業者が有名で、信頼と実績を得ている個人輸入代行業者を利用すればトラブルは少ないはずです。

ミノキシジルが含まれた女性用育毛剤は医薬品に該当するので効果が高いものの、その代わりに副作用のリスクがあると心得ておかなければなりません。

女性用ロゲインやスペクトラルUHPにはミノキシジルが2%しか含まれておらず、16%を含む男性用のポラリスやジェンヘアーよりも安全性は高くなっています。

それでも、乾燥肌や敏感肌の女性にとっては刺激が強いですし、使い続けているうちに頭皮の赤みやかゆみなど炎症のリスクが増すので注意が必要です。

それに、個人輸入代行業者を利用して海外の製品を購入するに当たり、下記のようなデメリットがあります。

・実物を見てから商品を注文することができない
・海外の製品なので日本で許可されていない添加物が含まれていることがある
・商品を注文して自宅へと届けられるまでに時間がかかるので直ぐに育毛対策ができない
・悪質な業者が存在しており、粗悪品や偽物が届けられるリスクがある
・医薬品を医師から処方してもらうのとは違って全て自己責任で使わなければならない

格安の価格で女性用育毛剤を購入できるメリットの代わりに、上記のようなデメリットが個人輸入代行業者の利用にはあるのです。

女性の場合は男性のように頭頂部や前頭部の薄毛が著しく進行するケースは少なく、無理にミノキシジルが含まれた製品を使う必要はありません。

医薬部外品の女性用育毛剤でも十分に対処できますし、抜け毛を減らして薄毛の進行をストップさせられます。

海外で取り扱っている育毛剤全てを否定できるわけではありませんが、まずは日本の製品を使ってヘアケアを行ってみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、植物性のエキスが中心で構成されたマイナチュレをご紹介しており、無添加で敏感肌の女性でも使える育毛剤なので是非一度使ってみてください。

<PR>
女性育毛剤の基礎知識