女性用育毛剤

薬局で市販されている女性用育毛剤

薬局で市販されている女性用育毛剤はどうなの?

「育毛剤は中高年の男性が使用するグッズ」というイメージが昔はありましたが、近年では30代や40代の女性も使用するようになりました。

女性でもホルモンバランスや無理なダイエットで薄毛を引き起こすことが分かり、女性用育毛剤は薬局で市販されています。

<PR>

どのような女性用育毛剤が薬局で市販されているのか、下記では幾つかご紹介しているので参考にしてみましょう。

アデノバイタル:有名なメーカーの資生堂から販売されており独自成分のアデノシンが特徴
モルティ育毛ローション:保湿成分のパールエキスによってツヤのある毛髪を育てる
50の恵:血行を促すニンジン抽出液や毛母細胞に働きかけるパントテニルエチルエーテルが含まれている
リアップリジェンヌ:男性用育毛剤の中にも配合されているミノキシジルが一番の特徴
薬用美髪根(びはつこん):毛根の活性化と頭皮環境の改善に焦点を当てている
セグレタ育毛エッセンス:ヘアサイクルを整えて強く育てるt-フラバノンが含まれている

全ての女性用育毛剤を紹介しているとキリがないので省きますが、上記のように様々なメーカーから販売されるようになりました。

花王や資生堂、大正製薬といった大手のメーカーも取り扱っており、「育毛剤は女性が使うもの」というイメージも確立されています。

しかし、結論から言うと女性用育毛剤を選ぶに当たり、薬局で市販されている製品を使うのはやめた方が良いかもしれません。

確かに、実店舗で気軽に購入できますし、価格が安いのでついつい手を伸ばしてしまう気持ちは分かります。

それでも、薬局で市販されている製品は育毛剤ではなく化粧品に該当するエッセンスやトニックが多く、抜け毛や薄毛の根本的な改善を目指している方には不向きなのです。

長期間に渡って使っていても変化が得られないケースは珍しくありませんし、ドラッグストアの女性用育毛剤には以下のようなデメリットもあります。

・安価な育毛剤は頭皮環境を良くするだけの気休め程度にしかならない
・商品のパッケージを見ても口コミの評判が分からないので良し悪しを判断できない
・生産性を重視しているので配合されている有効成分の量が少ない
・清涼感を高めるためにメントールや添加物を含んでいる製品が多い
・店頭で購入しなければならないので「店員さんに見られて恥ずかしい」と感じやすい

「薬局で市販されている製品=効果なし」「通販で取り扱っている製品=効果あり」と一概に決め付けることはできません。

ドラッグストアでも良質な女性用育毛剤は販売されていますし、抜け毛や薄毛といったトラブルを克服できた女性は多いはずです。

しかし、上記のようなデメリットがあるのは事実ですし、店舗によっては取り扱っている女性用育毛剤が限られている可能性が高いので当サイトでご紹介しているマイナチュレをおすすめします。

育毛対策や薄毛対策を考えている女性のために豊富な成分が含まれており、添加物が排除された安全性が高い育毛剤なので一度マイナチュレを使ってみてください。

<PR>
女性育毛剤の基礎知識