女性用育毛剤

女性用育毛剤の選び方

女性用育毛剤の正しい選び方を把握しておこう

女性用育毛剤を漫然と塗布していれば抜け毛や薄毛といったトラブルの改善に繋がるわけではなく、製品の正しい選び方を心掛けておかなければなりません。

ドラッグストアや通販では様々なタイプの女性用育毛剤が登場しており、以前と比較してその種類は増えました。

薄毛で悩む女性は日本全国で600万人以上はいると推定され、男性だけの悩みではないことが分かったので製品の数も増えているのです。

女性の10人に1人が悩まされている計算となりますし、中高年の女性ならば誰でも全体的に毛髪のボリュームダウンが引き起こされる可能性があります。

その状態を改善してくれるグッズの一つが女性用育毛剤で、正しい選び方で使う製品を決めることで頭皮や髪の毛の悩みを克服できるのではないでしょうか。

明確な決まりは特にありませんが、目安となる選び方を幾つかご紹介しているので、「どの女性用育毛剤を使ってケアを行えば良いのか分からない」という方は下記を参照してみてください。

頭皮や髪の毛に効果的な有効成分が含まれているかどうかで判断しよう

まず最初に、頭皮や髪の毛に効果的な有効成分が含まれているかどうかで判断するのが適しています。

女性用育毛剤と一口に言っても、製品によって配合されている成分には大きな違いが生じているのです。

個人の悩みに合わせて効果的な成分は異なるので、以下をチェックしてみましょう。

抜け毛の量が増えた⇒ヒオウギエキス、ヨモギエキス、カンゾウエキス、オトギリソウエキス
頭皮のフケが多い⇒トレハロース、ヘチマエキス、ベニバナエキス、コメ胚芽油
頭皮が乾燥している⇒ヒアルロン酸、オリザオイルS1、セラミド
頭皮の血行不良で悩んでいる⇒センブリエキス、シャクヤクエキス、トウガラシエキス、トウキエキス
頭皮が赤く炎症を起こしている⇒グリチルリチン酸ジカリウム、ニンジンエキス、アロエエキス

上記のように、頭皮や髪の毛に引き起こされている症状を確かめ、その改善のための成分が含まれているかどうかで女性用育毛剤を選ぶのが最も適しています。

配合されている成分に焦点を当てた選び方は失敗しにくく、アレルゲンの有無の確認にも繋がるのです。

自然派成分で構成されている女性用育毛剤でも、個人の肌質によってはアレルギー症状が引き起こされるかもしれません。

ヘアケア用品の使用で逆に頭皮環境が悪化していては全く意味がないので、商品を購入する前に全成分をチェックして安全に使えるかどうか確認しておきましょう。

当サイトでご紹介しているマイナチュレには、下記のような成分が全てバランス良く配合されています。

・人間の細部に必要な10種類のアミノ酸
・育毛効果を促す成分
・血行を促す成分
・フケを防止する成分
・頭皮に潤いを与える成分
・頭皮ケアに繋がる成分

「抜け毛を抑制する」「発毛を促す」「頭皮環境を整える」など様々な効果が得られる女性用育毛剤なので、症状が悪化しないうちにマイナチュレを使って予防を心掛けてみてください。

>>マイナチュレの詳細はこちらから<<

化粧品なのか医薬品なのかによって判断しよう

女性用育毛剤は薬事法により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つに分類されています。

それぞれの製品によって得られる効果は異なり、大まかに女性用育毛剤を決める指標となるのは間違いありません。

医薬品:厚生労働省から医薬品として認可されているので効果は高いが副作用のリスクがある
医薬部外品:医薬品に準ずる商品のことを指し、効果が緩やかな代わりに副作用のリスクが皆無
化粧品:身体を清潔にしたり頭皮を健やかに保ったりするのが目的で治療効果は得られない

例えば、ミノキシジルが含まれた育毛剤は医薬品に該当し、高い発毛効果を実感できる代わりに頭皮のかゆみや赤みといった炎症のリスクがあります。

一方で、化粧品に該当するエッセンスやトニックといった製品は発毛効果がない代わりに、頭皮へとダメージを加えるような成分も少ないので安全に使用できるのです。

個人の症状によって選び方は異なるものの、「化粧品よりも医薬品」「医薬品よりも医薬部外品」が適しています。

AGA(男性型脱毛症)を発症している男性は頭頂部や前頭部といった部位の髪の毛が著しく薄くなるため、医薬部外品の育毛剤でも変化は得られないかもしれません。

そのため、多くの方がロゲインやリアップなどミノキシジルが含まれた製品を使っており、肌へと直接塗布することで発毛効果が得られます。

しかし、女性の場合は男性のように一気にハゲが進行するケースは少なく、リスクを負って医薬品の育毛剤を使用しなくても医薬部外品で十分な変化が期待できるのです。

女性用育毛剤は長期間に渡って使用していくのが前提なので、あまりにも刺激が強すぎる製品は避けてください。

余計な添加物が入っていないかどうかで判断しよう

女性用育毛剤の選び方として、余計な添加物が入っていないかどうかで判断するのは重要です。

上記でも説明しましたが、どの女性用育毛剤でも1週間や2週間で髪の毛を生やすのは不可能で、ある程度の期間は続けなければなりません。

毎日頭皮の皮膚へと塗布する製品だからこそ、無添加の女性用育毛剤から選ぶ必要があります。

女性は特にパーマやカラーリングといった処置を受けるケースが多く、化学成分によって頭皮や髪の毛にダメージが加わっていることが多いはずです。

そのような状態で添加物が含まれた女性用育毛剤を使用し、症状の悪化に繋がることもあるので注意した方が良いでしょう。

上記でご紹介したマイナチュレには11種類の化学成分が含まれておらず、どんな肌質の女性でも使用できると高い評判を得ています。

アレルギー症状のリスクを回避しながらヘアケアを続けられるので、女性用育毛剤をお探しの方はマイナチュレを使ってみてください。

>>マイナチュレの詳細はこちらから<<

女性育毛剤の基礎知識