女性用育毛剤

女性用育毛剤の副作用

女性用育毛剤に副作用はあるの?

医薬品に該当する女性用育毛剤を使用するに当たり、副作用のリスクが少なからずあるので注意しなければなりません。

内服薬とは違って女性用育毛剤は頭皮へと直接塗布する形となるため、副作用が引き起こされるリスクは少なくなっています。

それでも、含まれている成分によっては下記のような症状を引き起こすことがあり、乾燥肌や敏感肌の女性が使用する際には注意が必要です。

循環器系の異常⇒「血圧の低下」「心拍数の増加」
皮膚の異常⇒「頭皮のかゆみ」「頭皮の炎症」「発疹」
神経系の異常⇒「胸の痛み」「手足のむくみ」「体重増加」

<PR>

これらの副作用を引き起こす代表的な成分がミノキシジルで、主にロゲインやリアップなど男性用の育毛剤の中に配合されています。

元々は血圧降下剤として使用されていましたが、投与した患者さんに発毛効果が見られたことで現在では育毛剤として使われるようになりました。

女性用育毛剤のリアップリジェンヌの中にはミノキシジルが含まれており、短期間では不快な症状が引き起こされなくても使い続けることでアレルギー症状のリスクがあります。

高い発毛効果が得られる代わりに副作用のリスクが高く、「皮膚が弱い人」「低血圧の人」はなるべく避けた方が良いでしょう。

リアップリジェンヌの説明文書の中にも、下記に該当する女性は医師や薬剤師に相談するべきだと記載されていました。

・今までに薬や化粧品でアレルギー症状が出たことがある

・高血圧や低血圧の人

・65歳以上の高齢者

・心臓や腎臓に障害を持っている

・むくみで悩まされている

・甲状腺機能障害を患っている

一方で、当サイトでご紹介している女性用育毛剤のマイナチュレにはミノキシジルは含まれておらず、アレルギーを引き起こす物質も全て排除されています。

無添加の女性用育毛剤として注目を集めており、乾燥肌や敏感肌の女性でも安心して抜け毛や薄毛の対処が可能なのです。

「副作用で悩まされることなく頭皮や髪の毛の悩みを改善したい」と考えている方は、無添加のマイナチュレを一度使ってみてください。

<PR>

>>マイナチュレの詳細はこちらから<<

副作用を引き起こす女性用育毛剤の成分は何?

上記でご説明したミノキシジル以外にも、女性用育毛剤の中には副作用を引き起こす成分が幾つかあります。

全ての女性が悩まされるわけではありませんが、敏感肌の人ほど皮膚症状が出やすいので注意しなければなりません。

以下では、どのような成分に副作用の可能性があるのかご説明しているので、女性用育毛剤を使用する前に全成分をチェックしておいてください。

アルコール:肌のタンパク質を分解する性質があるので頭皮の細胞が破壊される

エタノール:高濃度の成分が含まれていると皮脂を除去して乾燥しやすくなる

プロピレングリコール:有機化合物の一種で頭皮のかゆみを引き起こすリスクがある

フィナステリド:妊娠中の女性が摂取すると男児の生殖器に悪影響が生じる

アルコールやエタノールといった成分ならば化粧水や美容液といった化粧品にも含まれていることが多く、そこまで大きな悪影響はないでしょう。

しかし、フィナステリドだけは十分に注意しなければならず、妊娠中の女性が体内に取り入れることでお腹の中の赤ちゃんの生殖器に異常が生じるのです。

女性用育毛剤の中に配合されていることは絶対にありませんが、男性用の育毛剤や内服薬の中には含まれています。

男性にとってはAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の抑制を図ってくれるため、フィナステリドは薄毛の治療に欠かせない成分と言っても過言ではありません。

その点、女性にとっては身体に触れただけでも皮膚から体内へと吸収される恐れがあるので、妊婦さんと一緒に住んでいる男性も取り扱いには細心の注意を払わなければならないのです。

もちろん、上記でご紹介したマイナチュレの中には含まれていませんし、刺激の強い薬剤のない安全性の高い女性用育毛剤なので抜け毛や薄毛の対策のために一度使用してみてください。

<PR>

>>マイナチュレの詳細はこちらから<<
女性育毛剤の基礎知識