女性用育毛剤

女性用育毛剤で白髪を減らそう

女性用育毛剤の使用で白髪を減らせるの?

近年では白髪を減らせる成分が含まれた女性用育毛剤が登場しており、髪の毛の悩みを抱えている女性のサポートをしてくれます。

発毛サロンのバイオテックでは女性に対して髪の毛の悩みに関するアンケートを取り、下記のような結果が出ました。

1位:毛髪のハリやツヤがなくなっている(26%)
2位:頭皮全体のボリュームが減少している(21%)
3位:抜け毛の本数が増えている(19%)
4位:薄毛が進行している(13%)
5位:頭皮にフケが出やすい(6%)
6位:頭皮にかゆみを感じる(5%)
7位:頭皮が脂っぽくなってベタベタとしている(2%)
8位:その他(8%)

このアンケートは若い女性が中心でしたが、年齢層が上がると確実に白髪で悩む人の割合が増えます。

抜け毛と同じように白髪は老けて見られる大きな原因となるため、少しでも減らして若々しい状態を維持したいと考えるのは普通かもしれません。

そのサポートをしてくれる成分が含まれた女性用育毛剤は意外と多く、黒々とした健康的な毛髪を維持できるようになるのです。

そもそも、白髪の原因は毛根に存在しているメラニン色素の減少で、加齢によって不足していくので仕方のない老化現象となっています。

そこで女性用育毛剤を使用することにより、メラニン色素を作っているメラノサイトが活性化するため、白髪のスピードを遅くできるのではないでしょうか。

既に白くなった髪の毛を全て黒くするような効果はありませんが、「白髪の予防に繋がった」「白髪染めの回数が減った」という変化は得られるはずです。

白髪の悩みを抱えている女性には、当サイトでご紹介しているCA101薬用スカルプエッセンスの使用をおすすめします。

CA101薬用スカルプエッセンスには白髪のケア成分のビワ葉エキスが含まれており、同時に毛髪のハリを整えたり頭皮環境を改善したりすることも可能です。

スキンケアで効果が実証されている成分が多い女性用育毛剤なので、頭皮のアンチエイジングのためにも一度使用してみてください。

>>CA101薬用スカルプエッセンスの詳細はこちらから<<

女性用育毛剤に白髪染めの効果はあるの?

女性用育毛剤を使用することで、白髪にも良い影響が引き起こされると上記では説明しました。

しかし、あくまでも白髪を予防したりスピードを遅くしたりするだけで、白髪染めのような効果を得られるわけではありません。

30代や40代の女性で白髪がポツポツと目立つ状態ならばまだしも、60代を過ぎて真っ白になった髪の毛に女性用育毛剤を塗布しても意味がないと心得ておくべきです。

それでも、白髪の本数が少し増えただけならば無理に白髪染めを使用する必要はなく、有効成分が含まれた女性用育毛剤を使ってヘアケアを行うのは選択肢の一つとなっています。

白くなった髪の毛を黒い状態に戻せるので女性にとって欠かせないヘアケアグッズですが、製品の種類によっては下記のような副作用があるので注意しなければなりません。

・頭皮が赤くなったり痒くなったりするアレルギー性接触皮膚炎が生じる
・液体が蒸発して成分が体内に入り込んでアナフィラキシーショックを引き起こす
・長期間に渡る使用で造血機能低下や肝機能障害が引き起こされる
・薬剤が目に入ることで失明の危険性がある

失明や肝機能障害のリスクは低いものの、白髪染めの中には発がん性が示唆されているパラトルエンジアミン(PTDA)やパラフェニレンジアミン(PPDA)といった薬剤が使われています。

ジアミン系薬剤は特に毒性が強く、他にも防腐剤のレゾルシンや発色剤のアミノフェノールといった危険成分が多いので取り扱いに気を配らなければならないことはお分かり頂けるはずです。

特に、乾燥肌や敏感肌で悩んでいる女性はアレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすいので、なるべく白髪染めの使用は避けた方が良いでしょう。

上記でご紹介した女性用育毛剤のCA101薬用スカルプエッセンスには危険成分は一切含まれていませんし、30日間以内ならば返品して代金を返金してもらえるので白髪予防のために気軽に試してみてください。

>>CA101薬用スカルプエッセンスの詳細はこちらから<<

女性育毛剤の基礎知識